モッチスキン 使い方
いざモッチスキンで洗顔しようと思っても、公式サイトにはすごく簡単にしか使い方を説明していないので、本当にこれで合っているの?と悩んでいる方もいますよね。

せっかくモッチスキンを使っても間違った使い方をしていれば、せっかくの効果が台無しになってしまうことも…

そこでモッチスキンの使い方のポイントを分かりやすくご説明していきます!

モッチスキンの正しい使い方

1、 モッチスキンを手のひらにピンポン玉1個分出します

2、 顔全体に泡をのせていきます

3、 泡の上から圧をかけないように優しくくるくるとマッサージするように洗います

4、 ぬるま湯、もしくは水でしっかりと洗い流します

モッチスキンの使い方はたったこれだけなので、これなら誰でも簡単に洗顔することができますね。

モッチスキンは泡立てなくても、泡がそのまま出てくるので、泡立てる時間もいらないので時短でケアしたい人にぴったりの洗顔料です。

特別な日に!モッチスキンを使ったスペシャルケア

モッチスキンは普段の洗顔としても使うことができるのですが、週に1度のスペシャルケアの使い方もできるのです。

モッチスキンの特別な使い方についてまとめてみました。

1、 ホットタオルを作り、顔に乗せて毛穴を開かせます

2、モッチスキンを手のひらにピンポン玉2~3個分出します

3、 顔全体に泡をのせていきます

4、2~3分置いてから、圧をかけないように洗います

4、 ぬるま湯、もしくは水でしっかりと洗い流します

こうするだけで基本の使い方よりも汚れをより吸着することができます。

スペシャルケアなんて手間がかかりそう・・・と思われている方も、こんなに簡単な使い方なら続けていけそうですよね。

効果が台無し!?モッチスキンの間違った使い方

モッチスキンの正しい使い方とスペシャルケアを行うことで、より理想のすべすべ肌へと近づくことができるでしょう。

しかし、どれだけ効果の高い商品を使っていても、間違った使い方をしていれば、効果が半減してしまうことも。

どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

モッチスキンの使い方の注意点をまとめてみました。

・1回分の量が少ない

モッチスキンの適量はピンポン玉1個分となっているのですが、それより少ない量だとモッチスキンの効果を十分に感じることができません。

汚れの吸着力も下がってしまうので、必ず適量を使うように気をつけましょう。

・ゴシゴシと力を入れて洗う

モッチスキンは泡を顔にのせる優しくくるくると洗うだけでも効果をしっかりと感じることができます。

逆に力を入れて洗ってしまうと、肌に負担がかかってしまうので、圧をかけないように優しく洗うように心がけましょう。

・熱いお湯で洗い流す

熱いお湯で洗ってしまうと、毛穴が開いたままになってしまい、そのまま何もしないでいると毛穴の開きが悪化し、汚れが溜まりやすくなることから毛穴の黒ずみも悪化しやすくなります。

もし間違って熱いお湯で洗ってしまった場合は、必ず最後は冷たい水で毛穴を引き締めるようにしましょう。

・すすぎが少ない

きちんとモッチスキンを流しきらないと、毛穴に少しずつ残ったモッチスキンが蓄積してしまい、ニキビなどの肌トラブルを起こす原因になります。

最低でも20回以上はすすぎましょう。

モッチスキンの正しい使い方とスペシャルケアのやり方、間違った使い方のポイントを押さえておけば、毛穴の悩みをすっきり解消することができます。

メイクで無理に毛穴の黒ずみを隠そうとしても、厚ぼったいメイクになっておばさん顔になることも。

誰に見せても恥ずかしくない素肌になるためにも、モッチスキンで今からでもできる毛穴ケアを始めてみませんか?