モッチスキン 成分
伸びるモチモチ泡で話題のモッチスキンは洗顔料なのに、肌に潤いも与えることができると多くのメディアでも注目されています。

興味がある方はも多いのですが、敏感肌や乾燥肌だと本当に自分の肌に使えるのか、危ない成分は入っていないのか気になりますよね。

モッチスキンにはどのような成分が入っているのか、また、肌刺激が強い成分は入っていないのでしょうか?

成分効果や成分の副作用について調べてみました。

植物由来の3つの洗浄成分配合

洗浄成分と聞くと肌に負担がかかってしまいそうなイメージがあるのですが、モッチスキンに配合されている3つの洗浄成分は全て植物由来の成分でできています。

肌に負担をかけることなく、汚れを落とすことができるので、敏感肌や乾燥肌の方も安心して使用することができます。

どのような洗浄成分なのか詳しく調べてみました。

・パパイヤ酵素

青パパイヤ原産のパパイヤ酵素は、いらなくなった汚れのみを除去するので、必要な皮脂まで流してしまうことはありません。

毛穴の奥に詰まった黒ずみも分解することができるので、肌に負担をかけることなく、簡単には治せないイチゴ鼻もすっきりと解消することができます。

・マリンシルト

豊富なイオンを含んでおり、粒子がとても細かいので、汚れを逃さず汚れを吸着させることができます。

モッチスキンのマリンシルトは沖縄産のものを使用しており、沖縄の海底だけにある貴重な泥を使用していることから、高い効果も期待できそうですよね。

・蜂蜜

蜂蜜の分子は非常に細かく、くすみの原因となっている古い角質を除去する効果をもたらします。

また、肌に必要な水分を貯めておく保水機能を高めることもできるので、洗浄成分としてだけでなく、保湿成分としても優秀なのです。

モッチスキンには効果の高い3つの洗浄成分が含まれているので、毛穴の奥の黒ずみまでしっかりと取り除くことができるのですね。

さらに、モッチスキンの凄いところはこれだけではありません。

洗顔料ながらも美容成分が含まれていることから、汚れを落としながら美肌へと導くことができるのです。

どのような美肌成分が入っているのでしょうか?

モッチスキンに含まれるレアオイルって?

モッチスキンにはレオオイルと呼ばれる美肌効果の高いオイル成分も含まれています。

どのような成分効果をもたらしてくれるのでしょうか?

・アルガンオイル

アルガンオイルにはオリーブオイルの約4倍のビタミンEが含まれており、老化の原因である活性酸素を除去する効果があります。

また、肌の油分と水分のバランスを整えるリノール酸が含まれることで、美白効果やニキビを防ぐ効果を実感することができるでしょう。

・バオバブオイル

純度の高い脂肪酸と様々なビタミンが凝縮されており、高保湿効果があることから、老化のサインであるたるみやシワを防ぐことができます。

汚れを落とすだけでなく、このような美容成分も配合しているのは嬉しいですよね。

実際にモッチスキンを使った人の口コミを見ると

「スキンケアした後のように肌がしっとりしている!」

「毛穴の黒ずみだけでなく、肌の乾燥もなくなった」

「夏でも肌がかさついていたのに、今でもしっとりうるおい肌に!」

と、喜びの声が多く投稿されています。

やはり人気があるものには理由がありますよね。

また、これらの成分は国からも安全性が認められているものばかりなので、副作用の危険性もなく、どんな肌質でも使うことができます。

モッチスキンの成分は効果の高い洗浄成分だけでなく、美肌成分も配合されているので、これはすぐにでも効果を実際に確かめたくなりますよね!

濃密なモチモチ泡が体感できるモッチスキンで、毛穴の目立たない本来の肌を取り戻しましょう。