カウブランド クレンジングミルク 成分
添加物は肌に負担がかかり、肌トラブルの原因もなるので、無添加がいいとは言われているものの、無添加ってそもそも何なのか具体的に知っている人も少ないですよね。

カウブランドのクレンジングミルクも無添加で作られており、肌に優しいと評判なのですが、どのような成分が配合されていて、本当に無添加で作られているのでしょうか?

無添加とはどういうことなのか、本当にカウブランドのクレンジングミルクは肌に良いのか検証してみました。

無添加表示の基準はメーカーや商品によって違う?

最近では様々な商品が無添加で作られていると謳っているのですが、実は無添加表示についての厳密な法律はありません。

そのため、メーカーや商品によって無添加の認識は様々なので、この成分が入ってはいけないなどの明確な基準はないのです。

無添加だから肌に良いと信じて購入したのに、基準が曖昧なのであれば、本当に肌に良いのか分からないですよね…

カウブランドのクレンジングミルクの無添加と表示されていますが、本当に肌に危険な成分は入っていないのでしょうか?

カウブランドの無添加表示の認識

ブランドによって無添加の表示認識はことありますが、カウブランドは全ての無添加化粧品として販売されています。

カウブランドの無添加に対しての認識に対するコメントが掲載されていたので調べてみると

「防腐剤・品質安定剤・香料・着色料が入っていないもの」

「独自の無添加原料基準に従い、アレルギーが起こる危険性がある成分は入っていないもの」

これらに当てはまるものを無添加と表示していることが分かりました。

また、カウブランドのクレンジングミルクに配合されている成分を詳しく調べてみると、

・水 
・BG 
・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル 
・トリエチルヘキサノイン 
・スクワラン 
・ステアリン酸PEG-5グリセリル 
・PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル 
・カルボマーNa 
・ヒドロキシエチルセルロース

とたった9つの成分で作られていることが分かりました。

肌に負担をかけないためにも余計なものは一切省いて作られたことで、肌トラブルを気にすることなく安心して使用することができるのですね。

副作用が起こったことはないの?

無添加で肌に優しい成分のみで作られているカウブランドのクレンジングミルクですが、選びぬいた成分だけで作られているとはいえ、副作用が絶対に起きないとは限らないですよね。

敏感肌でも本当に安心して使うことができるのかカウブランドのクレンジングミルクを実際に使った人の口コミを調べてみると、カウブランドのクレンジングミルクを使って副作用がでたといった報告はどこにもありませんでした。

肌荒れが起きたなどの肌トラブルが起こった事例もないので、これなら敏感肌でも安心して試してみることができますよね。

中には化粧品に含まれている成分にアレルギーがある人もいますが、アレルギーが出る可能性のある成分も一切排除しているので、カウブランドのクレンジングミルクが原因で肌荒れを起こす危険性はほぼないと言っていいでしょう。

無添加だから化粧が落ちにくい?

無添加で作られているので肌に負担がかからないと話題のカウブランドのクレンジグングミルクですが、一方で「メイクが落ちにくい」といった声もあがっているようです。

カウブランドのクレンジングミルクは肌への負担を1番に考えて作られているのでウォータープルーフなどのメイクを落とすことはできません。

ウォータープルーフを使われている場合は、先に専用のクレンジングで洗い流してから、その後にカウブランドのクレンジングミルクを使うようにしましょう。

配合されている成分はどれも安全なものばかりなので、安心してカウブランドのクレンジングミルクを使ってみてくださいね!